MENU

金融機関別事業資金融資

融資審査通過率

事業資金の新津の杖化率が一番高いのは、やはりノンバンクです。

 

ノンバンクの中でも大手信販会社系は審査通過率は低めで、中堅どころの貸金業者の方が審査通過率は明らかに高いです。

 

銀行では、信用金庫、信用組合の方が中小企業向けの融資の審査通過率は高く、その次は地方銀行で、大手都市銀行や、メガバンクは中小や個人事業主への事業資金融資はあまり積極的ではないのもありますし、審査通過率も低いです。

新規事業資金融資の通過率

銀行の場合はそれまでの取引実績によって、融資の審査判断とされますので、全くの資金で事業資金の融資を申込みすると審査の通過率は低いです。

 

実績がある場合のみ、赤字決算でも一期程度であって、その理由が明確で、回復が十分見込める場合は融資の可能性は高いです。

 

ただし、実績内事業者で赤字決算であれば、まず銀行からの融資は門前払いとなるでしょう。

 

税金延滞や二期連続赤字決算などであれば、よほどのとこが無い限り追加融資などは無理でしょう。

 

特に新規でなどということはありえないので、その場合は、ノンバンクへ融資を申し込むしかありません。

業績悪化の場合の融資

事業者自身の経営の問題ではなく、業界全体として、社会的、経済的環境の急激な変化等により、売上げが減少するなど業況が悪化したなどであれば、銀行よりも、政府系金融機関である日本政策金融公庫のセーフティーネット貸付というものがあります。

 

こちろら方が銀行へ融資を申し込むよりも審査通過の可能性が高いですし、貸し付け条件も良くなります。

 

しかしあくまでその事業者独自の問題で経営が悪化している場合はこの貸付の審査を通過はできないでしょう。

 

この場合はやはり貸金業者のビジネスローンでしのぐしかないと思います。

審査通過率を上げるために

既に資金繰りが苦しくなっているから、融資が必要なわけですが、資金繰りの改善をすること信用を上げでで融資の審査に通りやすくすることはできます。

 

このために利用したいのは、ファクタリングです。ファクタリングは、売掛金を買い取るという形で、融資ではない、融資をするシステムです。

 

ただしもちろん銀行では資金繰りが悪化した事業者がファクタリングを申し込むことはまずできないので、手数料が高くはなりますが、ファクタリング業者を選択することになります。

 

ファクタリングの場合、赤字決算でも、税金滞納でも、売掛金債権が沢山あり、その売掛先に信用があることが審査の大きな判断となりますので、自社の資金的な信用がなくても可能です。

 

融資ではありませんので、資金が増えるわけではないのですが、先に現金を手にすることができますので、資金繰りが改善します。

 

また帳簿上の借金にはなりませんので、ファクタリングを行うことで、財務状況が数字上良くなります。

 

会社の信用が上がり融資が受けやすくなるというメリットが生じます。

 

事業資金の借換えで資金繰りを改善することもできます。

 

今借り入れている資金の月々の返済を減らすことができれば、財務状況が改善することになります。

 

返済期限が近付いている融資を他で借り換えて、返済期間を長くして、月の返済を減らすという方法で改善するとことができます。

 

または、返済した分も含めて新たに借り入れすることで、残債務を一括返済して、新たな資金を得るという方法もあります。

 

具体的にいうと、500万円の融資を200万円返済したところで、同程度の金利でと返済期間で、別の所で500万円を借りて、300万円は一括返済しそちらの債務を完済し、新たに200万円の資金を用意すること手ができます。

 

月々の返済額は同じままということになりますので、同じ返済で新たな資金を200万円得たという結果になります。

 

もちろん、これは融資をしてくれるとところがあればということになりますが、このような借換えは、ノンバンクでないと難しいでしょう。