MENU

資金調達は日ごろの金融機関とのつながりが重要

すべて現金決済で済んでいる場合でも、事業が拡大していけば、普通は運転資金が足りなくなってくるものです。

そんな時急に、銀行に融資を申し込むというのでは事業経営者として、あまりよい経営ではありません。だいたい即日発行即日融資してくれるよう事業資金向けのカードローンも存在しません。

大きな資金などは公庫で済ませるのが得策ですが、それでも公庫の融資が通るまでのつなぎ融資とか必要な場合もあるでしょうから、民間の銀行の融資が必要なる場合も多々あるのです。

金融機関から融資を受ける必要がない時こそ、金融機関を通じた取引実績を作っておくことが重要なのです。

入金や支払い、現金で受け取ったものも、いったんは口座に入金する、支払いはできるだけ口座から行うなど、炉インバンクを通して決済するようにしておけば、

いざ融資を必要とするとき、その会社のお金の動きが見えるわけです。

さらには投資信託を買うとか、定期預金を積むとか、個人や家族の口座を作るとか、日ごろの取引実績をつく手おくことが、重要なポイントです。

融資の必要のンない期間に、銀行の担当者と顔見知りになっておくなど、つながりをもっておくことが必要です。

いつ資金調達や資金繰りが苦しくなって、融資を必要とする事態になるかわからないのですから、日ごろからの付き合い、取引の実績を作っておきましょう。

関連ページ

無料で融資相談できる一日公庫を利用しよう。
事業資金融資を実現するために役立つ、色々なビジネスローン商品の詳細比較や審査通過のための色々なノウハウなどをまとめてみました。
事業資金に使えるカードローンもある
事業資金融資を実現するために役立つ、色々なビジネスローン商品の詳細比較や審査通過のための色々なノウハウなどをまとめてみました。