MENU

事業資金に使えるカードローンもある

カードローンというと銀行の個人向けのカードローンのイメージが強くなりますが、銀行のカードローンは、個人消費者向けなので、個人の消費に関するものは原則使途自由になっていますが、

個人事業主などが、事業性の資金に使う事は契約違反ななります。

最近は、ノンバンクのカードローンも使途が明記されていて、事業資金には使用できないような契約になっています。

事業資金化、個人消費資金かで、総量規制に入るか入らないかの制限ができたので、明確にする必要性が生じたためだと思います。

ただし、ノンバンクには、個人事業主向けのカードローンやビジネスカードローンがあり、一般的な消費者カードローンとほぼ同じ極度型のカードローンもあります。

カードローン金利を比較しても設定されている範囲はほぼ消費向けも事業向けも変わりません。もちろん審査によって金利が違うので実際にはどの程度差があるのかは不明ですが。
どのカードローンが良いのかはおすすめカードローンが参考になります。
銀行の場合も、ビジネスローンとして極度型のカードローンがありますが、こちらは当然銀行の事業資金り融資なので審査は厳しく簡単には借りられません。

ノンバンクのカードローンは、銀行よりは審査が通りやすいと思われます。

消費者向けカードローンとの違いは、総量規制の例外となるために、事業に関する書類を審査時に提出する必要があります。

確定申告書および当事業計画・収支計画・資金計画などが求められます。
法人名義での場合は、それだけで総量規制の例外になりますが、個人の場合は、事業をやっていることなどの証明が必要になるので、申込に結構手間がかかります。

関連ページ

無料で融資相談できる一日公庫を利用しよう。
事業資金融資を実現するために役立つ、色々なビジネスローン商品の詳細比較や審査通過のための色々なノウハウなどをまとめてみました。
資金調達は日ごろの金融機関とのつながりが重要
事業資金融資を実現するために役立つ、色々なビジネスローン商品の詳細比較や審査通過のための色々なノウハウなどをまとめてみました。