MENU

設備投資の返済期間とローン注意点

設備投資のための融資を受ける場合の返済期間について知っておきましょう。

設備投資資金の事業ローンの返済期間は、耐用年数が基準となるのが普通です。

耐用年数は、その期間のメーカーに聞ればいいことなので、そんなに迷うようなことではありませんが、

一般的な機械、設備であれば、税理士に相談すれば、

その設備ならば、何年ですということを教えてくれると思います。

設備投資の事業ローンの場合は返済期間は10年?15年程度の設定になっているのが普通ですから、耐用年数事態゛手はありますが、この期間内の返済になるでしょう。

ここで注意したいのが、返済年数が決まれば、その年に返済しなければならない金額がわかります。
その金額が、その設備を同舟した際に、1年間であげられる利益の金額を超えていては問題があります。

つまり利益を上回る設備の導入になってしまえば、当然、返済期間までの返済金額よりね利益が少なくなるわけですから

その設備導入は間違っているということになり、資金繰りも当然悪化します。

もちろんその設備がなければまったく利益が上げられないという場合もあり得るでしょうが・・・

そうなると事業計画自体に問題があるかもしれません。

関連ページ

返済が困難になったらまずは相談、仲介してくれる機関に
事業資金融資を実現するために役立つ、色々なビジネスローン商品の詳細比較や審査通過のための色々なノウハウなどをまとめてみました。