MENU

返済が困難になったらまずは相談、仲介してくれる機関に

資金繰りが一時的に苦しくなって、事業ローンの返済や取引先への支払いが厳しくなったときにどうするか?

まだ借換えできるならば、借り換えて返済する事が出来ますが、それもできないような状態になった時の話です。

取引先にお願いして支払い期日を延ばしてもらうとか、一部返済を遅らせてもらうかなどが方法ですが・・・

それが不安をあおり、債権者たちが一気に返済、取立てに来てしまい普通ならば、何とかなる状況であるのに、

一気に倒産のような事になりそうになった時、中小企業再生支援協議会というところが、第三者として仲介してくれるのです。
自社だけでは相手に納得してもらえない、不信感が出てしまうのでこういう公的な第三者を入れて返済の計画を立てて、それを実行できる官業しあわせしてもらうことが重要です。

債権者だった、倒産されて損害を受けるより、

時間を伸ばしてでも返済してもらうほうがいいわけですが・・・

そういう時は、疑心暗鬼になっているので、債務者だけの説明だと信じてもらえませんからね。

関連ページ

設備投資の返済期間とローン注意点
事業資金融資を実現するために役立つ、色々なビジネスローン商品の詳細比較や審査通過のための色々なノウハウなどをまとめてみました。