MENU

漁業経営改善支援資金

漁業や、水産物の加工をする事業者が利用できる公庫の融資資金です。

漁船の建造、取得、改造などのほかにも、水産物の生産、流通、加工又は販売に必要な施設などの資金として利用が可能です。

偽行用の設備資金だけでなく、長期運転資金としても利用できますので、水産業関連のほとんどの資金のニーズに対応できるようにっなている融資制度です。

ただし、この資金は、改善計画の認定を受ける必要があるので、そのにんていをまず受けなければなりません。

遠洋かつお・まぐろ漁業、遠洋底びき網漁業の場合は、農林水産大臣による認定、それ以外は、都道府県知事の認定が必要になってきます。

漁業を営む個人や法人のほか組合などが対象者とされています。

この事業ローンの返済期間は15年以内となっていて、そのうちの据え置き期間は3年位以内となっています。