MENU

事業資金融資比較記事一覧

銀行のビジネスローンは、農業などにたいしては融資の対象ではありません。一般的な事業者のための融資です。だいたいの基準としては、2年以上の決算の実績があることで、債務超過でない状態。もちろん税金の滞納などがあったらだめです。返済期間は、5年ぐらてまでて、融資金額は300万円程度までが一般的です。売上高に応じた金額で融資金額がきまります。担保も保証人もなしで普通は融資してくれますが、返済は確実にしない...

まったくの新規創業の資金を民間銀行などの金融機関に頼むのはなかなか難しいです。担保無や保証人無しのビジネスローンなどでしたら銀行にもありますが、それもすでにある程度事業の実績がある人に限られている商品で、これから独立開業起業しようという人の対象商品は見たことがありません。となるとやっぱり、公庫に頼るしかありませんね。公庫の新創業融資制度では、1500万円までは、無担保、保証人なしで貸し付けてくれる...

民間の銀行などでは、新規開業資金なんてそうは貸し付けてくれません。特に女性の独立開業、起業する資金の融資なんてまずむりでしょう。でもちゃんと政府系の金融機関である日本政策金融公庫には用意されています。新規企業育成制度貸付という融資制度で特に女性を対象にもしているものです。新規開業はもちろん、独立開業したあとでも、借りることができます。既に開業していても5年以内であれば、また特例として何か正当な理由...

これから飲食店を開業しようという人が利用するべき事業融資は、日本政策金融公庫事業ローンで、食品貸し付けという融資です。たとえば脱サラして、FCに加盟して飲食店で独立開業しようとする場合に利用できますし、コンビニの開業も対象になります。新規開業の時だけでなく、開業後の必要な設備の取得とか店舗の増改築などにも利用できます。店舗取得と言っても、土地だけでなく、保証金や権利金、敷金などとしても利用できます...

設備を導入するときには、設備投資資金の融資を受けるのが一般的ですが、すでに取引銀行や公庫から、目いっぱい融資を受けていて、あらたな融資を申し込むのが困難という場合は1つま資金調達方法として、リースを利用するという方法もありえます。頭金も、資金もなく、新しい設備を導入することができるわけです。毎月リース料金の支払いをするのは、事業ローンの返済をするような感じです。審査は融資を受けるときよりも簡単で、...