MENU

飲食店開業のための融資制度

これから飲食店を開業しようという人が利用するべき事業融資は、日本政策金融公庫事業ローンで、食品貸し付けという融資です。

たとえば脱サラして、FCに加盟して飲食店で独立開業しようとする場合に利用できますし、

コンビニの開業も対象になります。

新規開業の時だけでなく、開業後の必要な設備の取得とか店舗の増改築などにも利用できます。

店舗取得と言っても、土地だけでなく、保証金や権利金、敷金などとしても利用できますし、設備の導入の費用などにも使えます。

規模も7,200万円まで枠が用意されています。

ただしその場合、運転資金として利用出来値のは、4,800万円となっています。

この事業ローンの返済期間は新規開業の場合の設備資金原則15年以内となっていますが、最長20年まで認められますので、

とても長い期間で返済していくことが可能です。

基準金利は、13年以内ならばだいたい3%いないとなっています。

据置き期間が1年用意されています。

民間金融機関の、ビジネスローンなどではありえない破格の条件ですから、公庫の融資が利用できないような事業計画での飲食店開業は、するべきではないという事になるでしょう。


この事業ローンは

関連ページ

都市銀行のビジネスローンについて
事業資金融資を実現するために役立つ、色々なビジネスローン商品の詳細比較や審査通過のための色々なノウハウなどをまとめてみました。
新創業融資制度
事業資金融資を実現するために役立つ、色々なビジネスローン商品の詳細比較や審査通過のための色々なノウハウなどをまとめてみました。
女性の起業のための事業ローン
事業資金融資を実現するために役立つ、色々なビジネスローン商品の詳細比較や審査通過のための色々なノウハウなどをまとめてみました。
リースも資金調達の1つの方法
事業資金融資を実現するために役立つ、色々なビジネスローン商品の詳細比較や審査通過のための色々なノウハウなどをまとめてみました。