MENU

女性の起業のための事業ローン

民間の銀行などでは、新規開業資金なんてそうは貸し付けてくれません。

特に女性の独立開業、起業する資金の融資なんてまずむりでしょう。

でもちゃんと政府系の金融機関である日本政策金融公庫には用意されています。

新規企業育成制度貸付という融資制度で特に女性を対象にもしているものです。

新規開業はもちろん、独立開業したあとでも、借りることができます。

既に開業していても5年以内であれば、また特例として何か正当な理由があれば、7年以内まで対処となるようです。

また公庫の多くの場合そうですが、個人事業主も対象になります。

この事業ローンの貸付額は、7200万円までで、そのうち運転資金は4800万までとなっています。

とくに優遇されているのが返済までの据え置き期間で、最長2年まで用意されています。

全体の返済金はは15年以内ですが、これも特に必要な場合20年まで認められます。

さらに東日本大震災の被災地での操業の場合は、さらに1,000万円の融資枠が拡大されますので、8200万円までということになりますね。

その場合、金利も優遇されます。

またこの事業ローンは、シニアや20歳代の方の独立開業の際の資金としても利用できるようになっています。

関連ページ

都市銀行のビジネスローンについて
事業資金融資を実現するために役立つ、色々なビジネスローン商品の詳細比較や審査通過のための色々なノウハウなどをまとめてみました。
新創業融資制度
事業資金融資を実現するために役立つ、色々なビジネスローン商品の詳細比較や審査通過のための色々なノウハウなどをまとめてみました。
飲食店開業のための融資制度
事業資金融資を実現するために役立つ、色々なビジネスローン商品の詳細比較や審査通過のための色々なノウハウなどをまとめてみました。
リースも資金調達の1つの方法
事業資金融資を実現するために役立つ、色々なビジネスローン商品の詳細比較や審査通過のための色々なノウハウなどをまとめてみました。